UVカット対策|40代からは徹底的な紫外線対策が超重要です

40代からのUVカット・紫外線対策

紫外線対策・UVカットについて考えよう

紫外線はあらゆる肌のトラブルにつながるというのはたぶん周知のことかと思います。

 

シミ、シワ、くすみ、たるみなど肌の悩みのほとんどに影響していきます。

 

 

まだ年齢が若いうちは紫外線を浴びてもターンオーバーで肌の回復もしやすいですが、40代の肌はというと・・・
そうです、どんどん紫外線のダメージはたまっていく一方。

 

我々40代のエイジング世代はとにかくはじめから紫外線を浴びないようにUVカット対策を徹底的にしていかなくてはなりません。

 

ここでは紫外線カットUVカット対策の様々な対策について解説していきましょう。


このページの目次

 

意外と知らない夏場のスキンケアとは?

 

紫外線対

紫外線ケアで一番気を付けるのはやっぱり夏場。

普段はあまり日焼けを気にしないという人でも夏場だけは日焼け止めは付けると思います。

 

ですよねえ、ほんとに夏の太陽はまさに肌をジリジリと焼き上げているのを実感しますし。

 

でも・・夏場のスキンケアは、いったい何のために行うのでしょうか。

 

紫外線だけを気にしている人はいませんか?

 

汗や紫外線などで悩まされる夏場こそ、実はお肌の保湿が大事なのです。
紫外線ばかりを気にして、保湿ケアや洗顔を正しく行わないとベタベタと嫌な肌触りのお肌になってしまいます。

 

気温の高さやエアコンによる乾燥から、お肌は水分不足になることが多々あります。
他にもべたつく顔を何とかしたくて、洗顔の回数を増やしてしまい、それがお肌の乾燥に繋がってしまう場合もあります。

 

保湿ケアでオススメなのは、きちんとクリームを塗ることです。

 

夏場にクリームを使うのはべたついてしまい、苦手と感じる人もいるでしょう。
しかし、クリームを使わないと水分が蒸発していき、余計に乾燥を引き起こすことになるのです。

 

紫外線対策をするなら、きちんと種類を把握しよう

 

紫外線とひとくくりにされてしまいがちですが、実は紫外線にも種類があるのです。
UVAとUVB、そしてUVCです。

 

この中で手入れを必要とするのがUVAとUVBです。
UVAはしわやたるみなど、お肌の老化を増加させるものと言われています。
UVBは肌荒れなどの原因となり、ヒリヒリとした痛みを生じる日焼けの原因でもありますね。
UVAを防止したい時は、製品のPA値を参考にしましょう。
UVBの予防をする時には、SPF値を参考にすると良いでしょう。
それらの値が大きい方が予防にはなりますので、自分がどちらのUVカットをしたいのか、きちんと把握して、成分を確かめた上で購入しましょう。

 

綺麗なお肌を保つために、必要なことはUVカットもそうですが、保湿をすることです。
ただでさえ夏場はべたつくお肌を嫌って、必要以上に洗顔をする人が増えています。
洗顔後は確かにさっぱりするでしょうが、その後、いわば裸の状態のお肌をむきだしたままになるのです。
きちんと正しい知識を持って、UVカットスキンケアを行いましょう。

 

パッケージに記載されている数値は何?

 

SPF

日焼け止めを購入しようとすれば、パッケージや裏側にSPF値というものが記載されています。
これは、紫外線を防ぐための数値であり、高ければ高いほど防ぐ効果も強くなります。
普通に考えれば、数値の高い物の方がいいと考えるかもしれません。
ですが数値が高ければそれだけお肌にかかる負担も大きくなるのです。

 

長時間外に居続けるのであれば、紫外線防止で高い数値の物を購入してもいいと思います。
しかし普通に日常生活を送るだけの場合は、大体SPF30で十分です。

 

SPF50は紫外線吸収剤というものを使用して、紫外線を防いでいると言いますね。
しかしそれは化学反応を起こすことから、お肌への負担は大きくなるようです。

 

肌に優しい成分のものを選ぼう

 

SPF値なども基準にするのは当然ですが、もっとこだわって欲しいものが成分です。
日焼け止めに含まれる成分がハーブなど、お肌に優しいものを選ぶようにしましょう。
植物由来成分の日焼け止めを使用すると、お肌への負担も最低限に抑えられます。
他にも日焼け止めは独特の匂いがすることから、苦手な人もいるでしょう。

 

ハーブなどが使われている日焼け止めは、その匂いも軽減されていますのでオススメです。
お肌に合わない時は、すぐ赤くなったりかゆみが出てくるので、テスターで十分判断をすることができます。

 

UVカットスキンケアと言っても、店頭の物を適当に選ぶと大変なことになります。

 

自分に合っているもの、植物由来の成分配合のものでお肌に負担が少ないものなど、日焼け止めと簡単に言っても考えることは沢山あるのです。
近年は保湿成分も含まれている日焼け止めもありますので、そういったものを使えば、紫外線を防ぎながら、お肌の潤いも失くすことなくキープ出来ます。
それと最後に日焼け止めを購入する際は、必ずテスターを使って、自分のお肌に合うかどうかを試すようにしましょう。

 

海水浴に行く場合のスペシャルなUVカットスキンケア

 

夏は海水浴の時期です。
家族や友人同士で、海に行く計画を立てている人もいるでしょう。
しかし、海水浴は水着という肌を多く露出する格好をすることから、特に紫外線の影響が心配です。
海水浴に行った時の紫外線対策とアフターフォローはどうすればいいのでしょうか?

 

日焼け止めはどうする?海水浴ではどんな日焼け止めがいいの?

海水浴

海水浴に行くとなれば、当然日焼け止めは使用する人が、ほとんどですよね。
むしろ使用しない人の方が少ないのではないでしょうか。
しかし、日焼け止めも万全ではありません。
せっかく念入りに塗った日焼け止めも、汗や海水で落ちてしまう場合があるのです。
落ちてしまったことに気づかないままだと、肌を痛めてしまう可能性もあります。
そうならないためにも、日焼け止めを購入する際は対数時間を確かめるようにしましょう。
ほとんどの日焼け止めには耐水時間が表記されていますので、それらを元に海水に浸かる時間も決めることができます。
しかし、中には耐水時間が表記されていない日焼け止めもあります。
表記されていないものは、その日焼け止めが耐水テストをしていない可能性があるので、購入するのは避けましょう

 

海水浴での日焼け止めは2度塗りが鉄則!

 

 

日焼け止めを塗る時、1度のみの人はいませんか?
実は日焼け止めは2度塗りが鉄則とされています。
1度塗りと2度塗りではメラニン量の差が5倍以上違ってくると言われているからです。

 

特に日差しが強い日は2度塗りを心がけるようにしましょう。
ただし、顔全体に2度塗りをすればいいというわけではありません。
日差しの影響を受けやすい場所、つまり日に焼けやすい場所に2度塗りすればいいのです。
頬骨が出ている部分や、鼻筋や小鼻などの部分が2度塗りの対象と言える場所ですね。

 

日焼け止めを塗った後は、きちんと洗顔で綺麗に落とすようにしましょう。
洗い残しをそのままにしておくと、肌にも悪影響を与えますし、そこからダメージが広がってしまう可能性もありますので気を付けてくださいね。

 

夏以外でも日焼け止めは必要なの?

 

UVカットスキンケアと言えば、夏のイメージが強いですよね。
では、夏だけきちんとしておけばいいのでしょうか?
でも実は冬場こそ、きちんとUVカットスキンケアをするべきなのです。

 

感想やかさつきの多い冬場こそ、UVカットスキンケアを!

 

夏は紫外線が強く、きちんとした対策を取る人がほとんどでしょう。
しかし、冬場になると夏ほど丁寧に対策を取っていない人が少なからずいます。
冬は夏ほど強い紫外線はありません。
ですが、僅かとはいえ確実に紫外線はあるので対策を取っていないとダメージを受けます。
冬の紫外線は、夏の三分の一程度と言われています。
三分の一なら問題ないんじゃない、と思う人もいるかもしれませんが、それは大間違いです。
夏はきちんとした対策を取っているため、100%の紫外線を浴びても影響は少ないのです。
しかし対策を取っていない冬はどうでしょうか?
三分の一とはいえ、無防備で浴び続けているのですから下手をすれば夏以上のダメージを受ける可能性があります。

 

 

夏のようにきちんとした対策が必要?

 

紫外線を浴びないために、本格的な対策が必要なのかと言うと、そうではありません。
紫外線の量も少ないのですから、簡単な対策だけで問題ないのです。

 

例えば、UVカット効果のあるBBクリームやファンデーションだけで構わないのです。
夏のように毎回本格的な対策を取ると、さすがに疲れてしまいますからね。
外出時間などに合わせて、手を抜いても問題はありません。

 

そう考えると、気楽になりませんか?
ただ、冬に一番気を付けたいのは乾燥です。
冬は乾燥しやすいので、その面の対策は必要となってきます。
近年はUVカットスキンケアと乾燥対策が同時にできる、万能タイプの物も販売されているので手間をかけたくない人は、そういった物を探してみてはいかがでしょうか。

 

冬だからこそ、UVカットスキンケアが必要なことは分かって頂けましたか?
夏に丁寧な対策を取っていても、冬に手入れなしだと大変なことになるので、気を付けてくださいね。

 

 

紫外線を大量に浴びるとターンオーバーにも乱れが・・

 

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりを意味します。
大体、大人の肌は28日周期で生まれ変わると言われ、新しい細胞が作られると、古い細胞は剥がれ落ちて行きます。

 

しかしこれも正常に機能していれば問題はないのですが、様々な肌トラブルでターンオーバーは乱れてきます。

 

乾燥した肌や、皮脂汚れやメイクが残っていると、ターンオーバーは正常に行えません。
紫外線を浴び続けた肌も、ターンオーバーの乱れに繋がります。

 

ターンオーバーが乱れるとどうなる?

 

実際にターンオーバーが乱れると、どうなるのか気になりますよね。
ターンオーバーが乱れると、シミの原因にもなります。
紫外線を浴びすぎると、メラニンが過剰生成される場合もあります。
メラニンは細胞の核に直接紫外線が届かないようにする、簡単に言えば傘のような役割をしてくれます。
傘の役割をするなら、過剰に生成されてもいいのでは、と考える人もいるでしょう。
しかし、ターンオーバーが上手くいかずに過剰生成されたメラニンが皮膚に残ってしまうことがあります。
これが、いわゆるシミと呼ばれるものです。
メラニンは適度に生成されるのが良いとされており、過剰生成されるとシミに姿を変えてしまう怖いものなのです。
だからと言って、日差しを浴びないと身体にも良くありません。
きちんとUVカットスキンケアをしてから、適度に日光を浴びましょう。

 

UVカットスキンケアをしながら、肌のターンオーバーがされるように意識しましょう。
夏場だけではなく冬場も紫外線は存在しますので、UVカットスキンケアはきちんと行うようにしましょう。

 

食事でUVカットができるって本当?

 

UVカットと言えば、日焼け止めなどのアイテムを想像する人が多いでしょう。
しかし、食事でUVカットに繋がるものがあることを知っていますか?
紫外線予防をするためには、どんな食べ物がいいのでしょう。

 

ビタミンやミネラルを含んだ食品を食べよう!

 

紫外線防止の食品は、例をあげればキリがないほど多く存在します。
しみやそばかすを防ぐ効果があるのがビタミンCです。
肌の新陳代謝を良くしたいなら、ビタミンB2や亜鉛を含んだ食品を摂取しましょう
これらは一体どんなものに含まれているのか、意外と身近な食べ物ばかりなんです。
ビタミンCは果物類、ビタミンB2は牛乳や卵、亜鉛は肉や魚などです。
特別なものは、ほとんどありませんので、一般的に無理なく摂取することができます。
ただし、腎臓が悪い人はミネラルの過剰摂取は良くありませんので、医師に相談、もしくは摂取を控えるようにしましょう。

 

抗酸化作用のある食品を食べよう!

トマト

メラニンが過剰生成されると、しみやそばかすの原因となります。
活性酸素はメラニンの生成を促進していますので、抗酸化作用のある食べ物を食べると、しみやそばかすの予防になります。
抗酸化作用のある食べ物で、一般的なのがトマトです。
他の食品にも、抗酸化作用のものはありますが、比較的入手しやすいのがトマトでしょう。
トマトに含まれるリコピンは、かなりの抗酸化作用が期待できるので、ビューティー食品としても有名になっています
スーパーなどに行けば、高リコピントマトなども販売されていますね。
高リコピントマトは、普通のトマトよりも抗酸化作用があるので、積極的に摂取するようにしましょう。
ただし、持病などがある人は悪化する場合もあるので、そういった人は医師に相談してから摂取するようにしましょう。

 

UVカットにも様々な種類があることを分かって頂けましたか?
食べるものにも気を付けていれば、普段のお手入れ以上の効果が望めますので、今まで気にしていなかった人は、食品でUVカットを心がけてみましょう。

 

日焼け止めサプリって?UVカットの新しい方法

 

今の時代、様々なサプリメントが発売されて、手軽に栄養を摂取できるようになりました。
しかしUVカット、つまり日焼け止めもサプリメントでできることは知っていますか?

 

飲む日焼け止めは、肌が弱い人でも大丈夫!

 

飲む日焼け止め

UVカットスキンケアの基本は、日焼け止めを塗って紫外線対策をすることです。

しかし、中には肌が弱くて日焼け止めを塗るとかぶれてしまう人もいます。
敏感肌の人に多い傾向があり、そういった人たちは日焼け止めを諦めなければいけませんでした。
けれど、日焼け止めサプリメントが発売されたことにより、肌が弱い人も日焼け止めをできるようになったのです。
他にも汗っかきな人は、せっかく日焼け止めを塗っても落ちてしまいますよね。
ですが、サプリメントを飲んでいれば、そもそも塗っていないので落ちようがないんです。
汗で落ちてしまうから、とこまめに日焼け止めを塗る手間も省けるので利用者は多くいます。
それに、日焼け止めは塗れば塗るほど、肌への負担も大きくなります。
肌をダメージから守るためとはいえ、日焼け止め自体が肌に優しい商品ではありません。
日焼け止めサプリメントに変更すれば、肌への負担も少なくなるのでオススメです。

 

サプリメントを飲むことで焼けない!

 

紫外線対策に日焼け止めを塗っても、サンダルやサングラスなどを身につけていると、うっかり日に焼けてしまうこともありますよね。
日焼け止めサプリメントなら、飲むだけなのでうっかり日焼けの多い人も安心して太陽の下で行動をすることができます。
特に子供と公園などで遊ぶ機会の多い、ママさんにオススメできる商品です。
今まで念入りに日焼け止め対策をしていた人も、これひとつで随分と手間が省けますよ。

 

今回は日焼け止めサプリメントについて、ご紹介させて頂きました。
何かと忙しい人にとって、サプリメントは手軽なので重宝しますよね。
逆に最低限しか、日焼け止め対策をしていなかった人にもオススメしたい方法です。

 

手の甲のシミ対策意識してる?

 

皆さんは、手の手入れにどれほど重要度を置いていますか?
実は、顔の次に年齢が出ると言われているのが、手の甲なんです
だからこそ、手入れを怠ると年齢以上の手になってしまいます。
40代はまだそれほど気にならないかもしれませんが、50代になるとこれはもう一気に差が出てきます!
今からしっかり対策していきましょう。

 

手の甲のUVカットは、どうすればいい?

 

いつの間にか、手の甲にシミが出来ていたということはありませんか?
それは、長時間紫外線を浴び続けて、日に焼けたせいです。
顔は気を付けていても、手の甲の手入れは怠っている人は多いのではないでしょうか。
1度や2度の忘れならともかく、それが習慣化してしまうと、手の甲にシミができてしまいます。
手の甲のUVカットは、日焼け対策用の手袋を常用するようにしましょう。
手袋から出ている部分には、こまめに日焼け止めを塗りましょう。
最近は、二の腕までカバーできるものもありますので、探してみてはいかがでしょうか。
ただし、手袋をしただけでは紫外線を完全に予防できない場合もあります。
そういう時は、日焼け止めを塗って手袋を着用するのもオススメです。

 

 

日焼け止め対策用の手袋は、いくつか予備を用意しよう!

 

 

特に夏場ですが、外に出ていると汗をかきますよね。
汗まみれの手袋を使い続けるのも清潔ではありませんし、なるべく洗い替えを用意しておくようにしましょう。
できるなら、汗をかきやすい時期は予備の手袋を持ち歩くようにしましょう。
手袋をすれば、僅かとはいえ汗をかいて蒸れてしまいますので、予備はなるべく持ちましょう。
特に、日焼け止めを塗った後の手袋を、連続で使うのはやめましょう。
汗だけではなく、日焼け止めの成分も手袋にべったりとついているので、衛生的とは言えません。
紫外線予防はUVカットで予防できますが、衛生的ではない手袋を使うと別のトラブルを招く可能性があるので、注意してくださいね。

 

今回は手の甲のUVカットについて、ご紹介させて頂きました。
紫外線について顔を気にするのは当然ですが、手の甲も年齢が出やすい場所です。
今まで気にしていなかった人は、今後きちんと手入れをするようにしましょう。

 

確実なUVカットができる日傘の選び方について

 

日傘

外出時の紫外線予防として、日焼け止めや手袋などで身を守る人が多いでしょう。

もっと確実なUVカットスキンケアとして、日傘を持つ人も少なくはありません。
確実にUVカットスキンケアができる日傘の選び方について、ご紹介します。

 

紫外線対策のためには日傘の色は何がいい?

日傘の色は様々であり、どんなものがいいのかわからない時もあります。
一番のオススメと言える色は黒い日傘ですね。
白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットする仕組みになっています。
逆に黒い日傘は、日傘そのものが紫外線を吸収して、肌まで届かない仕組みになっています。
白と黒で考えた場合、黒の方が紫外線防止率は高いので、黒い日傘の方がいいですよ。
しかし、色に限らず紫外線防止率は100%ではありません。
それに、近年はUVカット加工がされているものが多いので、あまり色自体に大きな差が出ないようになっています。

 

日傘の裏地に注意!

 

日傘で一番気を付けたいのは、外側の色ではなく内側の色です。
紫外線は上からだけではなく、アスファルトの照り返しからも浴びてしまいます。
つまり、紫外線は上からも下からも襲ってくるということです。

 

特に内側がシルバーや白だと照り返しも強くなり、紫外線を浴びやすくなってしまいます。
せっかく上からの紫外線を予防しても、照り返しのことを考えなければ意味がないのです。

 

日傘の内側は、どんな色がいいのかと言うと、やはり黒がオススメです。
それに、もうひとつ気を付けたいのが劣化です。
特に晴れでも雨でも使える兼用傘は、雨に打たれることもあり、劣化率は高くなります。
UVカット加工がされていても、摩擦などによりコーディングは短ければ2年、長くて3年程度でかなり低下すると言われています。
最後に気を付けたいのが、穴の開いたレースデザインは紫外線防止に適さないことです。

 

今回は日傘についてご紹介させて頂きました。
黒の方が吸収率も高いので、オススメということですね。
デザインではなく、機能的な日傘を選ぶようにしましょう。

 

 

首元の日焼け対策にネックウォーマーを!

 

顔や腕は気を付けていても、意外と見逃してしまうのが首元です。
紫外線の影響を受けやすい場所にありながら、対策をしていない人が多くいます。
首元の紫外線対策には、ネックウォーマーやネックカバーを使用するようにしましょう。

 

首元こそUVカットスキンケアを!

首自体が皮膚も薄く、紫外線の影響を受けやすいですが、対策はしていますか?
焼けてしまうと、ヒリヒリとした痛みに悩まされる日々が続きます。
そうならないためにも、きちんと対策はするべきです。
首元の紫外線対策として、ネックウォーマーやネックカバーを利用するのが一般的です。
夏場の暑さにも耐えられるよう、薄手のものが多いので、使っていて不快感はありません。
ただし、購入する際はUVカットできるかどうかを確かめましょう。
中には、ただのお洒落アイテムだけのものもあるので、きちんと確認してくださいね。
UVカット効果のあるものは、何かしら記載があるので分かりやすいです。

 

首元から顔まですっぽりかぶれるものを選ぼう!

 

紫外線予防をするなら、首元だけではなく、顔もまるごとUVカットできるものを選びましょう。
特に近年販売されているものは、大判タイプのものが多く、UVカット商品だということを忘れさせるくらいお洒落なものが多くあります。
ボタンもついていて、しっかり鼻元まで隠せますし、軽く巻けばお洒落なショールに変身する2Wayタイプも珍しくはありません。
普段の服装にも合わせられるデザインも増えていますので、いくつか用途に合わせたデザインを用意しておくといいかもしれませんね。
なるべく外出時にはネックウォーマーを身につけるクセを習慣づけて、首元のうっかり日焼けを防止するようにしましょう。

 

首元に何かを身につけるのは苦手という人も、夏場は特にネックウォーマーを身につけましょう。
そうすることで紫外線防止となり、首元のダメージを軽減することができます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加