シワに効く化粧品って効果があるの?

40代が化粧品に求める効果として美白と並び何とかしたいのが、この「しわ」に対するケアです。
若いうちでも確かにシワはないわけではないのですが、30代の後半から40代にかけて急にシワが目立つようになってきます。

目じりのちりめんジワや、頬の小じわ、ほうれい線、肌のたるみからくるシワなど、いろいろなところに目立つしわが増えてきます。 メイクをしたときに、ファンデーションが埋まってしまう!なんて悲しい思いをすることもしばしば。

これは、美白よりもずっと大きな悩みです。
(ファンデで隠すことができないですしね・・・)

昔はシワに効く化粧品というには一般的にはあまりなく、lごく一部の超高級美容液があったくらいで、なかなか一般的に購入できる価格帯のブランドはありませんでした。
しかし、ここ数年であっという間にいろいろな商品がリリースされるようになりましたね。

でもシワに効く化粧品ってどんな化粧品なのでしょうか?

シワができる仕組み

では、なぜシワができるのかと簡単に解説しましょう。

しわには2つの種類があり、肌の表面近くの「表皮」のトラブルによってできる「浅いしわ」(小じわ)と、 肌の奥の奥「真皮」と言われる部分の老化できる「深いしわ」があります。

浅いしわの場合は、主に肌の乾燥が原因です。
年齢とともに肌の水分量が減ってきたり、紫外線によって肌の水分が奪われたりするとこの「小じわ」が酷くなってきます。
でも、この乾燥による小じわの場合は、肌に潤いを与えれば比較的早く回復します。

問題は、「真皮」で起こる深いしわの場合。
真皮は、コラーゲン繊維と、エラスチン繊維などから構成されていて、弾力のあるスポンジのような構造をしています。
若いうちはこの弾力性が高いのですが、老化とともに体内のコラーゲンが減少し、弾力性がなくなっていきます。 これによりできてしまうのが「深いしわ」です。

この深いシワは、なかなか手ごわく簡単には消すことはできません

シワ化粧品の役割とは?どんな化粧品を選べばいいの?

ではそんなシワに対して、「シワ対策化粧品」はどう働くのでしょうか?
まず、浅いしわに対しては、充分な水分の補給でシワが解消することが期待できますので、この場合のシワ化粧品の効果は「保湿」です。
しっかり保湿ができ、肌に水分を補給できるタイプの化粧品でケアできます。

主な成分としては「セラミド」「コラーゲン」「エラスチン」などが有名です。 これらの成分が入っていれば表皮の部分の水分補給は比較的簡単にできるでしょう。

ただ、深いしわになると、肌表面の水分補給だけでは意味がなく、真皮まで有効成分が届きません。
これを解消するには、肌の奥まで有効成分を届ける仕組みを持った化粧品を選ばなくてはいけません

例えば、最近良く耳にする、ナノカプセル、リポソーム、セラミドカプセルなど、カプセルに成分を閉じ込めて真皮に届けるシステムなどが重要になっています。
しっかり肌の奥に浸透する仕組みを持っていない化粧品ですと、どんなに有効成分を高濃度で配合しても意味がないというわけです。
ここは、シワに効く化粧品を選ぶうえで特に注意したい点です。

成分と性能も考える

しわの改善を考える化粧品の場合は、成分に合わせてその形状「性能」を意識しなければなりません。
というのも通常の化粧品ではどんなに素晴らしい成分が入っていても、肌の奥「真皮」までその栄養分が行き届かないからです。
このために各メーカーはいろいろな工夫をし、その形状を進化させて商品をリリースしています。
成分に合わせて、どんな仕組みで浸透させているのかにも注目する必要があるのです。
また超音波の美顔器などを併用して使用するのもおすすめです。