美白化粧品って効果はあるのでしょうか?

40代からの化粧品選びで、「欲しい効果」として強く望むのの一つは、この「美白」ではないでしょうか?
紫外線対策はしっかりしているつもりでも、なぜかシミは濃くなってきます。
若い時は新陳代謝が活発なため、シミの原因になるメラニン色素も角質とともにはがれてくれるのですが、年齢を重ねた肌はこのサイクルがくるってくるために、色素が沈着してしまいます。このせいで、だんだんとシミが濃くなったり日焼けの跡が消えなかったりするのです。

この老化にストップをかけたいと登場したのが「美白化粧品」と言われるジャンルのものです。

どうしてシミはできるのでしょうか?

ではどうしてシミができるのか、簡単に解説します。

まず、肌は紫外線などの刺激を受けると、活性酸素というものを作り出します。
これが肌の奥に入り込み色素形成細胞である「メラサイト」までいくと、メラサイトは活性酸素をその中に取り込もうとします。 この活性酸素がメラニンに変化します。

このメラニンは肌が健康なうちは新陳代謝とともに消えていくのですが、肌年齢の老化が進むと速やかに排出されなくなり、肌にたまっていきます。これがシミとなっていくのです。

ですから、若いうちの日焼けやシミはすぐになくなるのに、歳をとるとなかなか消えなくなるわけですね。

美白化粧品の働きは

美白化粧品の効果は、基本的には今あるシミを消すのではなく、これから表面に出てくるシミを防ぐというものです。
ですので、普通の美白化粧品では今あるシミを消すことはできないのです。
(新しいメラニンの生成を防ぐので薄くなってくるとは思いますが・・・)
ただ、薬用とか医薬部外品扱いの美白化粧品には、肌に直接効果を与えるものも出てきています。

有名な成分としてはハイドロキノン
これは今注目の美白成分でお肌の漂白剤と言われることもあるようです。

※ちなみに某有名化粧品メーカーの「白斑」のトラブルは「ロドデノール」という美白成分の引き起こした症状。
ハイドロキノンとは違う成分です。

他にも注目の美白成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」「ルシノール」などがありますが、一番効果的だと言われているのはやはり「ハイドロキノン」でしょう。



成分にも注目したいものです

これからの化粧品選びは、ただメーカーの「謳い文句」を信じるのではなく、その成分にも注目したいものです。
例えば、同じ美白化粧品でも、どの成分で美白効果を謳っているのかなどは確認しておきましょう。
高額だからいい、老舗だからいい、というのではなく何成分がどのくらい配合されていて、どう肌にいいのかを簡単でも調べながら購入することは賢い消費者として重要な役目になってくるのかもしれません。
納得したうえでいい商品を購入したいものです。