しみの原因

美白と言えば美肌に欠かせない条件の一つですし、スキンケアは美白を中心に行っている方も多いでしょう。

いくらハリがある若々しい肌であっても、しみがあるだけで美しい肌とは程遠い状態になってしまいます。
白肌は七難隠すと言われるほど、女性の美しさに大きく関わるしみは、どのような原因で起こるのでしょうか。

しみの種類

しみというのは、大きく分けると日光黒子と肝斑、雀卵斑、そして炎症後色素沈着の4つのタイプがあります。

日光黒子は一般的に言われるしみのことで、老人性色素斑とも呼ばれます。

特に中年以降に発症しやすくなるので、美容業界ではエイジングサインの一つと言われています。

肝斑もしみの一種ですが、日光黒子とは原因が異なるため、違う種類のしみに分類されます。

妊娠したりピルなど経口避妊薬を服用している方に起こりやすく、顔の左右対称にできるという特徴があります。

雀卵斑はいわゆるそばかすで、数ミリ以下の茶褐色の小さい斑点が、主に鼻や頬にちらばるように発症します。

炎症後色素沈着というのは、火傷や傷など大きなダメージを受けることで発症するしみです。

また、ニキビの炎症や日焼け、化粧品などによる肌トラブルで起こったダメージでも出来ることがあります。

このように、しみにはいろいろなタイプがあり、誘発する要因はしみのタイプによって異なります。

日光黒子は紫外線によって引き起こされますし、肝斑は女性ホルモンの影響で発症します。
雀卵斑は遺伝ですし、炎症後色素沈着は肌に強い炎症が起こることが要因とされています。

しかし、どのタイプのシミであっても根本的な原因はメラニン色素の沈着です。

極端に言えば、どんな要因があったとしてもメラニン色素が沈着しなければしみはできません。
ですので、しみを改善するにはメラニン色素が生成される仕組みと色素沈着するメカニズムを知っておく必要があるのです。

メラニン色素が生成される仕組み

肌が刺激を受けると、基底層にあるメラノサイトにメラニン色素を作りなさいという指令が伝達されます。

これは肌の防御機能によるもので、表皮の細胞にある遺伝子を守るために出される指令です。

紫外線や摩擦、炎症などで刺激が与えられると、遺伝子がダメージを受けてしまいます。

遺伝子が損傷すると、細胞が持つ働きが低下して健康な状態を保てなくなり、この状態が継続するとガン化してしまうのです。

メラニン色素は、遺伝子が受けるダメージを肩代わりしてくれます
そのため刺激を受ければ受けるほど、メラノサイトは活性化してメラニン色素をどんどん作り出すのです。

本来なら、役目を終えたメラニン色素は表皮細胞に取り込まれます。
表皮細胞はターンオーバーで新しい肌細胞と入れ替わるので、メラニン色素は入れ替わるタイミングで排出されます。

ですが過度の刺激を受けて、大量にメラニン色素が生成されてしまうと、表皮細胞に入りきらなかったメラニン色素は肌細胞に沈着してしまうのです。

さらに十分な保湿ケアができていなかったり、加齢によってターンオーバーサイクルが乱れていると、古い肌細胞はそのまま残ってしまいます。

正常にターンオーバーが行われていれば、古い肌細胞もきちんと排出されます。
しかしターンオーバーが乱れると、メラニン色素が沈着して変性している肌細胞は取り残されてしまうのです。

これが、メラニン色素が沈着することであらゆるしみが出来るメカニズムです。

しみの原因を調べると、紫外線や化粧品の刺激、ケア不足などいろいろな情報がヒットしますね。
そのため、どうやって改善すればよいか分からなくなってしまう方も多いようです。

しかし、どんな要因でメラニン色素が生成されているにしても、一番の原因は色素沈着なのでこの状態を改善するケアを行っていきましょう

40代の肌の悩みの原因

たるみの原因

シワの原因

しみの原因

くすみの原因