シワの原因って?

しっかりスキンケアをしていても、年齢とともに気になり始めるのがシワですね。

シワは加齢が原因と思われがちですが、実は原因はいろいろあります。
そして、原因によってシワにも種類があるので、シワを作らないためのスキンケアをするには原因と種類を知っておかなくてはいけません。

シワの種類は大きく3種類

シワの種類は、大きく分けると乾燥ジワ表情ジワ、そして紫外線ジワの3つになります。

乾燥ジワ

乾燥ジワというのは、別名ちりめんジワとも呼ばれる細かいシワで、細かくいうと表皮性と真皮性に分かれます。

表皮性のシワは角質層の水分量の減少が原因です。
代謝が低下してターンオーバーが滞ったり、皮脂の分泌量が少なくなると、肌のバリア機能が働かなくなってしまいます。

そのため角質で水分を保持する力がなくなり、小さいシワがいくつも出来てしまうのです。
真皮性のシワは、肌の奥にある真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸が減少することで起こります。
コラーゲンは表皮のハリを保つ役割があり、ヒアルロン酸は水分を含有してふっくらとした肌を作ります。

これらの成分は内部で合成されるのですが、年齢とともに合成量が減ってしまいます。
つまり、表皮性のシワも真皮性のシワも、間接的に加齢が原因となって起こるのです。

たるみの原因と同様にここでもコラーゲンとヒアルロン酸が重要になってくるのです。

表情ジワ

表情ジワは、名前から分かる通り表情が原因で起こります。

ふと気がつくと眉間にシワが寄っていたり、人と会うことが少ないせいで顔をほとんど動かさないという方は要注意です。

折り紙を折ると線がつくように、皮膚も常に同じ部分にシワを寄せていると折り目がついてしまいます
この折り目がシワとなってしまうのです。

逆に、表情を動かさないと顔の筋力がどんどん衰えてしまいます

顔の皮膚を支えているのはコラーゲンだけではありません。
皮膚の下には表情筋があり、これがハリを支えていることでたるみを防いでいます。

しかし筋力が衰えて支える力が弱くなると、顔全体の皮膚が下方にたるんでしまい、そのたるんだ部分にシワが出来ます。
表情じわには年齢はあまり関係ありませんが、若ければある程度ハリがあるので、シワの跡がついても元に戻ります。

ですが年齢とともにハリが失われていると、ちょっとした表情の癖で出来やすくなるため注意が必要です。

紫外線ジワ

紫外線ジワは、若い人でも要注意のシワです。

原因はもちろん、シワを引き起こすリスクファクターである紫外線です。

紫外線には波長の長いUV-Aと中くらいの長さのUV-Bがあります。
このうち、シワに深く関係しているのはUV-Aです。

UV-Aは、肌に浸透して真皮層にまで達するため、コラーゲンやエラスチンを断ち切ったり、ヒアルロン酸の水分保持機能を低下させます。
コラーゲンやエラスチンは、真皮層でネット状に張り巡らされていて表皮を支えています。
ヒアルロン酸はコラーゲンの間に存在して、含有している水分で肌を押し上げています。

紫外線は、このようにハリと弾力を支える成分を壊してしまうため、ハリを保てなくなった肌はシワが出来てしまうのです。

また紫外線ジワは加齢が重なることで深くなってしまいます。

コラーゲンなどのハリ弾力成分は、アミノ酸やビタミンCなどの栄養素を摂取することで合成を促進出来ます。
しかし肌の機能は加齢とともに衰えてしまうので、いくら栄養を摂取していても合成量は減少していきます。

ですので、年齢を重ねていったら紫外線だけではなく、コラーゲンやヒアルロン酸自体の減少によるシワにも気をつけなくてはいけません。

肌の保湿も最重要です。しっかりうるおいを保てるスキンケアを継続していきましょう。

今日から始めれば必ず変わります

見た目年齢を一気に引き上げるシワは、若いうちからのケアが大事と言われています。
しかし、何歳であってもケアをするのはムダなことではありません

原因を正しく把握していれば効率よく改善できますから、自分のシワの種類を見極めて、それにあったケアを実践していきましょう。

40代の肌の悩みの原因

たるみの原因

シワの原因

しみの原因

くすみの原因